提案開封率が0なのに、閲覧しているお客様がいるのはなぜですか?

 開封率が0になっている時があるのはなぜ?

「開封率」とは、メールマーケティングにおける効果測定指標の一つです。受信ボックスに到達したメールのうち、実際に開封されたメールの割合を指します。

一部のメールソフトではHTMLメールを開封したかどうか、計測できないことがあります。

通常、メールの開封数は、HTMLメールを配信した場合に取得できます。HTMLメールを配信すると、メール内に、計測用のパラメータが付与された空(から)の画像参照パスが挿入されます。ユーザーがHTMLメールを開いた際、この空画像が参照されることで開封をカウントする仕組みとなっています。

一部のメールソフト(iOS15以降の標準メールソフトなど)では、上記のような計測をブロックする仕組みが働き、計測がうまくできないため、開封数が0になったり、多めにカウントされることがあります。


 閲覧数はカウントできるのですか?

はい。WEB販売図面や周辺売出しレポートの閲覧数の計測はメールソフトによるブロックが発生しないため、どのようなメールソフトを利用されていても計測することができます。

※「閲覧数」とは、WEB販売図面や、周辺売出しレポートを閲覧した回数を指します。